記事
エンタメ・芸能
    
お父さんにもらった甘やかされた優しい嘘…子供の愛らしい作文かと思って読んだら・・・
2024/03/11

広告

自由な発想で日常の風景を大人が考えもつかなかったような角度から子供らしい感性で切り取って可愛らしい文体で伝えてくれますよね。

しかし、今インターネットで大きな話題を呼んでいる作文は少し毛色が異なるようです。

「おとうさんにもらったやさしいうそ」…そんなタイトルの作文、読んだ後、みなさんの子供の作文に対するイメージが変わってしまうかもしれません。

おとうさんにもらったやさしいうそ

広告

作文を書いたのは、茨城県の小学校1年生、佐藤亘紀(こうき)くん。

「おとうさんはちょっととおいところでしごとをすることになったから、おかあさんとげんきにすごしてね。」…それが亘紀くんがお父さんから聞いた最後の言葉でした。

亘紀くんはその時2歳だったので直接言われたことは覚えてはいませんが、その時の動画がしっかりとスマホに記録されているのでいつでも好きな時に聞くことができるのです。

広告

そして、その動画でお父さんの声を聞いた亘紀くんは…涙が止まりません。

思わず、言葉が詰まってしまいます。病で天国に旅立ってしまったお父さんとの別れを綴ったエピソード。

お父さんは息子のために悲しませたくない一心でこんな嘘をついたに違いありません。その時のお父さんの気持ちを想像すると胸が締め付けられそうになります。

しかしその思いを幼いながらにしっかりと受け止め、お父さんのためにだまされているふりを続けよう。そんな風に強く、前向きに生きようとする亘紀くんの健気さ、そして、逞しさに、多くの人々が心を揺さぶられました。

ネットでの反応

・嘘には2つの色がある。「真っ赤な嘘」と「白いうそ」

・号泣 自分の為につく嘘じゃなく他者の為に傷付けないようにつく嘘は優しく切ない

・深夜にこれ見て目から変な汁と口から変な声が止まらん。

広告

引用元:,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

大倉忠義 食事を断られている後輩「冷たいな…って思ってたけど」一転「生活切り詰め…予算確保しました」
2024/04/20
木南晴夏 16歳で入った事務所の女子寮 同じ寮で暮らしていた超人気女優たち「10人ぐらいいて」
2024/04/20
元妻・伊東ゆかり「出来ればまた娘と3人で歌いたかった」佐川満男さん死去に悲しみ「楽しい思い出が一杯」
2024/04/20
吉田鋼太郎 「舞台女優としても超一流」と絶賛する人気女優「常に完ぺき。発声もそうですし、体も動く」
2024/04/20
木南晴夏 同じミュージカルスクールに通っていた幼なじみの人気女優「今でも連絡は取るし、高校も同級生」
2024/04/20
木南晴夏 知られざるアイドルユニット時代を回顧「まったく売れなかったので…」 鶴瓶「これは知らんわ」
2024/04/20
歌手で俳優の佐川満男さん死去、84歳 公開中の出演映画も哀悼「これを最後の仕事に」先行上映初日に…
2024/04/20
岡田有希子の枕営業に関する驚愕の真実!大物俳優が亡くなる前に妊娠した子供の父親だったことが判明…アイドルの遺書に涙が止まらない!
2024/04/20
高見盛の退職理由に隠された驚愕の真相 他の親方衆も見て見ぬふり?相撲界弱体化の原因とは
2024/04/20